子どものひらめき力を育てるには、3歳までに右脳教育を!1/1

人間の脳には右脳と左脳があり、3歳までに大人の80%まで脳が成長すると言われています。「感性の脳」と呼ばれる右脳を、優位に働かせる右脳型には、天才が多いと言われていますし、誰しも自分の子どもをそんな風に育てたいと思ってしまうものです。

子ども,右脳,左脳,教育,感性

右脳、左脳はどのような働きをしているのか

☆ 右脳の働き

一言でいうと、五感を通じた感覚・感性を扱っているのが右脳です
見た物を記憶したり、無意識にイメージで思考したりします。
想像力、直感力などを担う脳で、イメージ力や直観力を開花させることにより、ひらめきや創造性が発揮され芸術的な面でも右脳の働きが重要だと言われています

左脳の働き

論理的な思考を行うのが左脳です。言語や計算、そして多くの場合、言語を担当しているといわれています。
分析など理屈的な思考、記憶を意識的にします。そのため、左脳は言語脳、論理脳、デジタル脳などと呼ばれることがあります。

例えば、会話の中で聞いた言葉をそのまま理解するのが左脳の働きで、表情や声の調子を感じるのは、右脳の働きによるものです。

子どもの頃で成績や性格まで決まる!?

子ども,右脳,左脳,教育,感性子どもは、0歳~3歳までは右脳、3際以降は左脳が優位に働く時期です。
右脳が発達する時期に適切な右脳教育を受けさせることが大切です。この時期は周りから、どんどん情報を取り入れ人格や情緒に大きく影響します。


ユニセフが、2001年に出している「世界子供白書」の冒頭では、下記のように言っています。

子ども時代の初期では親や家族やその他の成人との間の経験や対話が子どもの脳の発達に影響し、十分な栄養や健康や綺麗な水などの要因と同じくらい影響力を持つ。

この期間に子どもがどのように発達するかが後の学校での学業の成否を決め、青年期や成人期の性格を左右する。

そんな子どもの頃に、学校の成績や性格にまで影響するなんて慎重になってしまいますね。
しかし暗記ばかりさせると心や脳に弊害が出ることもあるという話もあります。
子どもに負担をかけないよう楽しみながら、右脳、左脳バランスよく、その時々に合った教育をしてあげる事が大切なんだと感じます。

子ども,右脳,左脳,教育,感性

FacebookやTwitterで更新情報を発信しています。
ぜひiMediをフォローしてください!